うま犬くま犬

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

3回目のてんかん発作、とがさき動物病院初診

今日の午前中、ペシェは抗てんかん薬投薬後初の発作を起こしてしまいました。
前回の発作から10日、間隔は2週間もあいていません。

1週間毎日薬を飲んでいたのに何で?という思い・・・
そしてその時、「てんかんのスペシャリスト」にやっぱり診てもらおうという考えが固まりました。
この「てんかんのスペシャリスト」の情報は、
ペシェがてんかん発作を起こしたことを知った けいさん が教えてくれたもの。



ということで、夕方に三郷市の とがさき動物病院 に行ってきました。
01とがさき動物病院
02待合スペース


予約や事前連絡なしで行ってしまったのですが、
運良くスペシャリストである院長はいらっしゃいました。
とても偉い先生なのに全く偉ぶった所はなく、
ニコニコ穏やかに、ペシェにもやさしく接してくれて一安心

まず、今までの経緯を説明、血液検査結果も提出。
一応レントゲン検査をして異常がないかを確認。
ペシェを歩かせてみたり、顔の近くで手を動かすなどで反射に異常がないかをチェック。

一通りの診察が終わって、院長の診断を聞きました。
脳炎や脳腫瘍によるてんかん発作の可能性は低いだろうとのこと。
やっぱり脳内疾患のわんこは表情や動きで分かることが多いらしい。
「ん~・・・この子は普通なんだよな~。大丈夫じゃないかな~。」って。
だから、MRIの必要はないでしょうと言って頂けました。
わんこにも全身麻酔のリスクがあるし、飼い主さんも7~8万円の出費は大変でしょうと(笑)


今後の治療については、2通りの提案を頂きました。

まず1つ目・・・
今服用している「ゾニサミド」の製薬会社のモニター。
薬の料金はモニター終了までもちろん無料、
更にMRIの料金も負担してくれて検査を受けられるそうです。
ただし検査で異常が見つかったら、モニター中止でMRIの料金も自己負担。

そして2つ目・・・
犬のてんかんの第一選択薬の「フェノバール」に切り替えて治療していく方法。
私が「ゾニサミド」を選んだのは副作用が少ないためでしたが、
「フェノバール」もきちんと血中濃度の管理をすれば肝臓への負担は心配ないとのこと。
こちらの病院でも長期間問題なく服用しているわんこはたくさんいるそうです。

院長が勧める薬としては、やはり「フェノバール」のような雰囲気。
でも、無料でMRI検査ができて安心できるってのも大きいし・・・
今服用中の薬があと1週間分あるので、結論は1週間後ということになりました。
う~ん・・・これはかなり迷います


あ、そういえば、この前病院でもらった座薬、今は使わない方がいいそうです。
もう本当に発作が止まらなくなってしまった時に、最終手段として使う薬とのこと。
使っていくうちに効きづらくなってしまうらしいです。


はじめてのびょういん、みんな やしゃしかったでしゅ♪
03ペシェ



今日、決心してここの病院に行ってよかったと思います。
てんかん発作で苦しむたくさんのわんこを診ている経験豊富な院長の安心感ある診察で、
私たちは精神的にかなり楽になりました。
何より、脳炎や脳腫瘍の可能性が低いと言って頂けて、すごーくホッとしました。

1週間、じっくり考えてまた来週行ってきます。


PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こちらの病院は聞いた事があります。
メモメモ。。。
ぺっしゃん、がんばれ!

イチきなママ | URL | 2011年08月17日(Wed)08:40 [EDIT]


◆イチきなママさん◆

聞いたことありますか~?
てんかんとかヘルニアなんかの神経系が得意な病院のようですよ。
お世話にならないのが一番ですけどね~(笑)

ペシェに応援をありがとうございます。
発作の時はかわいそうですが、それ以外は元気に過ごしています♪

ろくぺー | URL | 2011年08月19日(Fri)00:16 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。